新車の値引き交渉テクニック

<スポンサードリンク>

上手な競合こそ値引き成功の決め手

新車の値引き交渉で真髄といえるのが、なんといってもライバル車(社)との「競合交渉」テクニック!上手な競合こそ「値引きアップ」成功の決め手といえるでしょう。

ただ、百戦練磨のセールスマンを相手に競合交渉と聞くだけで「なんだか難しそう…」と思う方もいるようですが、それほど難しく考える必要はありません。

やり方はいたって簡単!

あなたが購入を考えている新車と「ジャンル」や「価格帯」、また「人気度」が同じ程度の他社の「ライバル車」を何車か選び、それぞれと商談をして提示された値引き条件や下取り査定額を元に、セールスマンとの値引き交渉の場で「あちらはもう少し安くしてくれましたよ…」と持ちかけ、値引きアップを狙っていくというだけのこと。

確かに少々手間と時間はかかるものの、ライバル車と「競合をさせるか・させないか」で、値引き額に何万円〜何十万円もの大きな差がでてしまうことは間違いのない事実なのです。

さらに、メーカーの異なるライバル車との競合だけでなく、同じメーカーでも経営の異なるディーラーを変えて「ライバル社」と競合させることも重要なポイントのひとつです。

仮にトヨタであれば、アルファード(トヨペット店)とヴェルファイア(ネッツ店)、ヴォクシー(ネッツ店)とノア(カローラ店)のように「兄弟車」と呼ばれるクルマ以外にも、エスティマのように同じクルマを異なるディーラーで販売する「併売車」を、値引き交渉の場で上手く「同士討ち競合」させることで、最も効果的な「値引きアップ」を図ることができるはずです。

ただし、「同士討ち競合」は初めからではなく、値引き交渉が最終段階を迎えた時点でセールスマンに明らかにし、一気に「値引き交渉」を決着させるテクニックが一番有効的。

同じクルマであれば「先に条件を出した方が不利」との思いから、「後出しジャンケン」を決め込むセールスマンもいるようなので…。

-めざせ!愛車の査定10万円アップ-

カービューの無料一括査定

これまで多くの方が新車を購入する販売店で下取り車として査定を依頼し、その下取り額も納得のできない「セールスマンの言い値」のまま、仕方なしに売却されていたのが本音ではないでしょうか。

後になって「もう少し高く売却できたのでは…」とのイラ立ちも。

そんな方におススメするのが
>>カービューの愛車無料一括査定サービス<<

今では「こんな悔しい失敗」を避けようと、買い取り専門店を利用される方が急増し、特に人気のミニバンやSUVなどはディーラーの下取り額よりも、専門店の買い取り額の方が高く査定されることが多いようです。

愛車を少しでも高く売りたいなら販売店はもちろんのこと、買い取り専門店の査定額を比較して競合させることが大切ですね。

あなたの愛車の査定額は最高でいくらでしたか…?

新車の値引き交渉テクニックをマスターしよう-関連情報-