新車の値引き交渉テクニック

<スポンサードリンク>

車両本体とオプション類の値引き交渉は別々に!

値引き額をさらにアップさせるためには、車両本体価格以外のディーラーオプションなどの付属品や諸費用など、項目ごとの値引き交渉は別々に行っていくのが鉄則です。

セールスマンはあなたが必要とするオプションなどの付属品やカー用品を聞いた後に、作成した見積書の総合計額から値引き額を提示しようとします。その値引き額をみて「すごい値引き額を出してくれた!」などと大喜びしているようでは、セールスマンの営業テクニックの思うつぼ。なぜなら…

オプション類は定価の10〜20%の割引が可能だからです。

以前はフロアマットなどの付属品がオプションの中心でしたが、今ではナビゲーションシステムをはじめフルエアロの装着など、高額なディーラーオプションを数多く注文するユーザーが増えているのが実情。定価が20〜30万円のナビだけで、なんと2〜6万円の値引きが可能だと考えると
その値引き額ちょっと低すぎませんか…?」。

したがって、オプション関係の値引きは車両本体価格とは別に交渉するべきで、最初に見積もりを作成してもらうときにはオプション類は一切計上せずに、まずは車両本体のみの値引き額を提示してもらうことが交渉テクニックの大原則。

それから値引き交渉を進めていく中で「そろそろ限界かな…」と感じたら、高額なディーラーオプションを追加注文し、そのオプション品からきっちり「値引き額」を引き出すことで大幅な値引きアップが狙えるはずです。

さらに、最終交渉の土壇場で1万円程度の無料サービスを迫ることで、セールスマンも「早く契約をして欲しい…」との思いから泣き泣きOKが出ることも多いようです…。

-楽しいカーライフは自動車保険選びから-

自動車保険無料一括見積もり

交通量の多い公道はいつも危険と隣り合わせ…。生活に便利なクルマといえど「楽しいこと」ばかりではありません。

あなたが加入している自動車保険は大丈夫ですか…?

安心してクルマに乗るためには自動車保険の加入が必須となりますが、どの保険が自分に「一番最適なのか…?」悩む方が多いのも事実。

>>悩む前にまずは比較してみることをおススメします。<<

複数社の契約内容を見比べてみることで、保険料を含めたあなたにピッタリの自動車保険が見つかるはず!

安心で楽しいカーライフを過ごすためには最適の自動車保険選びがポイントです。

新車の値引き交渉テクニックをマスターしよう-関連情報-